【経済】マダイの稚魚3万6千匹放流 網代港のいけすから外洋へ

いとう漁協網代支所は6日、網代港のいけすで6月初旬から中間育成していたマダイの稚魚を組合員が沖合まで運び、約3万6千匹を外洋に放流した。いけすでは2・5センチほどだった稚魚が2カ月間で6センチまで育った。約3割が中間飼育で成長、外洋に巣立っていった。
伊豆半島各地では、人工的に育てたマダイ稚魚を放流し、天然海域のマダイの資源を増やすための栽培漁業が、漁協・市町・公益法人等の協力により毎年実施されている。
静岡県内のマダイの漁獲量は年間約400〜700トン。うち3、4割(90~250トン)を放流魚が占める。昭和62年から毎年この時期に続けられている。

1 2 3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-22

    8年ぶりに満月と重なる「仲秋の名月」 熱海湾に鮮やかムーンロード

    旧暦の8月15日に当たり「仲秋の名月」(十五夜)となった9月21日。暦と満月は必ずしも一致しないが…
  2. 2021-9-22

    熱海市全体の商業地3•7%、県内一の上昇率 トップは田原本町 基準地価

    国土交通省は9月21日、7月1日現在の基準地価を発表した。静岡県内の商業地は新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-9-22

    【お悔やみ】河野と志枝さん(熱海市網代)9月19日死去 107歳

    河野と志枝さん(このう・としえ)9月19日死去、107歳。熱海市の再高齢者。通夜23日午後6時。葬…
  4. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
ページ上部へ戻る