第2分団詰め所が移転新築、市民・観光客の防災拠点 熱海市消防団

熱海市は3月29日、市消防団第2分団詰め所の落成式を福道町の同所で開いた。来賓や分団員が見守る中、齊藤栄市長が鈴木将之分団長に伝達証書を交付し、団員たちは気概を新たにした。
旧詰め所は1975年(昭和50年)に建てられ、45年が経過。老朽化と耐震性に疑念が生じたことから、近くの静岡地方法務局熱海出張所横に移転新築した。
鉄骨2階建て、延べ床面積177平方メートル。1階は車庫と準備室、資機材庫、ホースタワー。2階が給湯室と会議室。総事業費は約7248万円。昨年12月から工事を始め、2月末に竣工した。

式典には齋藤市長、竹部隆市議会議長、藤曲敬宏県議、櫻井佳久消防団長、稲田達樹消防長ら30人が出席。市長は「新しい詰め所の完成を機に、なお一層、市民・観光客の安心安全に努めてほしい」と激励。櫻井団長は「第2分団は中部地区の消防防災の拠点で、詰め所の新築は分団員の念願だった。一致団結して活動に励んでいく」と謝辞を述べた。
第2分団の新築移転の完了で、各分団の耐震化が整った。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る