【編集室】熱海市民もびっくりポン! 多賀、網代には秘めた名所がてんこ盛り

熱海グローリーワイズメンズクラブ(藤曲敬宏会長)は29日、「市民ふれあいウオーキング」を開催した。一般市民を対象に、毎年開催している恒例イベントで、今年は「多賀、網代」にコースを設定、参加者53人が南熱海の隠れた名所を歩いて回った。
午前10時10分に伊豆多賀駅を出発した参加者は、多賀神社、タニグチ建創、倉田家伊豆石の蔵、与謝野晶子歌碑、千人石、ブルーノ・タウトの旧居跡とまずは上多賀地区をウオーキング。うみえ~る長浜での昼食をはさみ、午後は長浜松並木、秋葉灯籠道標、羽柴右近刻石、山頭火句碑のある下多賀へ。旅館平鶴を経て大縄海水浴の山縣有朋の歌碑を鑑賞。網代では、大正時代に日本の金持ち100人に選ばれた網代の網元「国登録有形文化財・平正(ひらしょう)邸」を訪ね、1日限りの特別公開をしてもらった。午後3時に網代駅で解散になったが、歩行距離は約5キロ。
観光ブックには載っていない名所がほとんどで、参加した市民たちはあらためて熱海の奥深さを実感。この日は参加者が4つのグループに分かれ、各グループにボランティアガイドが1人ついて回り、時代背景や、保存状態などを分かりやすく説明してくれた。伊豆山、熱海市街、初島、南熱海など毎年コースを入れ替えるそうだが、海岸線に近い多賀・網代は平坦で歩きやすく、潮風も心地よい。ウオーキングには最適だ。

藤 IMG_8037ss 神社

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_8058ssIMG_2039蔵

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平井家 IMG_2040

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る