【花】夏到来、ネムノキが見ごろ 梅園ボランティアも汗だく

熱海梅園の韓国庭園で夏に開花するネムノキがきれいなピンクの花を咲かせ、来園者に季節の移ろいを告げている。
この花は夕方になると昼には広がっていた2つの葉が重なり合って閉じたような状態になる。それが「眠る」をイメージさせるため、この名が付いた。ネムノキ科ネムノキ属の落葉高木で木を植えてから花がつくまで10年ほどかかる。熱海梅園の一角に韓国庭園が誕生したのが平成14年、今年で13年目を迎える。

毎月第3週は梅園ボランティアのメンバーがそれぞれ都合のいい曜日、時間帯を選んで園内の手入れを行う。この日はやぶ蚊に備え、長袖の作業着で雑草取りに精を出したが、何度も水分補強。したたる汗をぬぐって臨んだ。

アップ 全体 アジサイ ぼらんてぃあ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-23

    【社寺】伊豆山神社宮司に原嘉孝氏(県神社庁副庁長) 新嘗祭で祝詞奏上

    伊豆山神社で11月23日、新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が斎行された。伊豆山地…
  2. 2017-11-23

    【社寺】来宮神社で御鳳輦奉仕者の引き継ぎ式 伝統の重みズシリ

    来宮神社の本殿前で11月23日、新嘗(にいなめ)祭神事に続いて、御鳳輦(ごほうれん)奉仕…
  3. 2017-11-23

    【社会】祝日前夜の熱海駅”閑古鳥” 東海道線の人身事故で一時ストップ

    11月22日午後8時31分頃、JR横須賀線の保土ヶ谷駅で人身事故が発生した。この影響で、同線は東京―…
  4. 2017-11-23

    【お悔やみ】山本嘉明さん(下多賀)11月21日死去

    山本嘉明さん(やまもと・よしあき)11月21日死去、77歳。熱海市下多賀。通夜24日午後6時。告別式…
ページ上部へ戻る