【花】夏到来、ネムノキが見ごろ 梅園ボランティアも汗だく

熱海梅園の韓国庭園で夏に開花するネムノキがきれいなピンクの花を咲かせ、来園者に季節の移ろいを告げている。
この花は夕方になると昼には広がっていた2つの葉が重なり合って閉じたような状態になる。それが「眠る」をイメージさせるため、この名が付いた。ネムノキ科ネムノキ属の落葉高木で木を植えてから花がつくまで10年ほどかかる。熱海梅園の一角に韓国庭園が誕生したのが平成14年、今年で13年目を迎える。

毎月第3週は梅園ボランティアのメンバーがそれぞれ都合のいい曜日、時間帯を選んで園内の手入れを行う。この日はやぶ蚊に備え、長袖の作業着で雑草取りに精を出したが、何度も水分補強。したたる汗をぬぐって臨んだ。

アップ 全体 アジサイ ぼらんてぃあ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  2. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
  3. 2020-5-27

    コロナ時代の「新しい生活様式」、カウンター席に「仕切り」 あたみ田中家

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が全面解除され、首都圏からの観光客が約8…
  4. 2020-5-27

    熱海市 6月1日から文化、公園、観光施設を再開 起雲閣、海釣り施設など

    熱海市は5月27日、新型コロナウイルス対策で臨時休館していた文化施設と公園施設、観光施設の一部を6…
ページ上部へ戻る