【ゴルフ】宮本勝昌が4位発進 日本オープン第1日

【日本オープン選手権】第1日(17日、茨城GC東、7320ヤード=パー71、賞金総額2億円、優勝4000万円)
5年ぶり3度目の日本一を狙う片山晋呉が5アンダーで回り、甲斐慎太郎、金亨成(韓国)とともに首位に立った。

 

2打差の4位にこの日3バーディでラウンドした熱海出身の宮本勝昌、10年ぶりの大会制覇を目指す深堀圭一郎、薗田峻輔ら7人がつけ、さらに1打差の11位に小田孔明ら8人。
昨年優勝の久保谷健一、小平智、池田勇太はイーブンパーの27位。前週優勝の藤本佳則、昨季の賞金王・藤田寛之は1オーバーの38位と出遅れた。

宮本勝昌タテ

4位発進の宮本勝昌

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る