【ゴルフ】宮本勝昌が4位発進 日本オープン第1日

【日本オープン選手権】第1日(17日、茨城GC東、7320ヤード=パー71、賞金総額2億円、優勝4000万円)
5年ぶり3度目の日本一を狙う片山晋呉が5アンダーで回り、甲斐慎太郎、金亨成(韓国)とともに首位に立った。

 

2打差の4位にこの日3バーディでラウンドした熱海出身の宮本勝昌、10年ぶりの大会制覇を目指す深堀圭一郎、薗田峻輔ら7人がつけ、さらに1打差の11位に小田孔明ら8人。
昨年優勝の久保谷健一、小平智、池田勇太はイーブンパーの27位。前週優勝の藤本佳則、昨季の賞金王・藤田寛之は1オーバーの38位と出遅れた。

宮本勝昌タテ

4位発進の宮本勝昌

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-3

    標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

    熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い…
  2. 2021-3-3

    熱海市で新たに1人がコロナ感染、高齢でない成人男性 3月3日

    静岡県は3月3日、熱海市に住む高齢でない成人男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱…
  3. 2021-3-3

    3月9、10日に市議会「一般質問」 副市長2人制やコロナ諸問題で論戦 

    熱海市議会2月定例会は3月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と高橋幸雄氏を除く…
  4. 2021-3-3

    熱海市長の施政方針 「ピンチをチャンスに変え、反転攻勢に向けた施策」全掲

    熱海市は市議会2月定例会に180億300万円の新年度一般会計当初予算案を上程した。市長は「回復から…
ページ上部へ戻る