【社会】拉致問題解決に向けた街頭署名、和田市議が清水町バス停で活動

熱海市議の和田翔平さん(27)が26日、市内清水町バス停で北朝鮮による拉致問題被害者の救出を目指す街頭署名活動を行い、問題解決への協力を呼び掛けた。
拉致被害者の支援組織「救う会」による署名は1000万人を超え、熱海市からも橋本一実前県議を中心に署名活動を行い、すでに5000人以上の署名を県議会に提出している。今回は2月6日に沼津市で拉致問題シンポジウムが開かれるのに合わせて和田市議が行い、集まった署名は1977年(昭和52年)11月に連れ去られた拉致被害者・横田めぐみさん(51)=拉致当時(13)=の両親、滋さん(83)と早紀江さん(79)に手渡す。
一昨年7月から、拉致被害者の再調査が始まったが、北朝鮮からは調査結果さえ寄せられず、いまだ被害者の帰国はかなっていない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

image4

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る