【経済】新熱海駅、駅舎部分の供用を開始 券売機やみどりの窓口が移転

熱海駅の駅舎・駅ビルの新築工事を進めているJR東日本は29日から駅舎部分の供用を開始した。券売機やみどりの窓口などが改札口の北側(東京寄り)に移った。売店、駅事務所、コインロッカーも新駅舎に移転。これまで伊東線ホームにあったトイレは、改札の横(東京より)に新設された。飲食店や物販店舗入る駅ビルは17年3月までに完成させ、供用を開始する。
熱海コンシェルジェ(観光案内所)は、駅正面の熱海第一ビルに移転。駅ビルが完成するまで、同ビル1階で営業を行う。

全体

1 2 3 456 7

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-19

    残り少ない夏満喫 熱海海上花火大会に今年最高の3万9千人 市の人口上回る

    夏季熱海海上花火大会の第5弾が8月18日、熱海湾であり、市の総人口を上回る3万9千人(主催…
  2. 2019-8-18

    今宮元祷會が本格始動 10月の今宮神社例大祭に向け御神幸ルートを下見

    今宮神社の例大祭(10月19日、20日)が2カ月後に近づき、令和元年度の御鳳輦奉仕を行う厄年奉賛会…
  3. 2019-8-18

    浴衣姿で熱海の魅力発信 初島航路の定期船でファッションショー

    熱海市街を着物姿で散策し、熱海の魅力アップに務める「あたみ着物姿普及委員会」(永田雅之代表)は8月…
  4. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
ページ上部へ戻る