【市政】熱海市、熊本地震で嘉島町へ職員派遣 現地で被災者支援

死者40人以上の大災害になった熊本地震で、熱海市は22日、静岡県の要請を受け人的支援の第2陣(県職員2人、市町18人)として熊本県嘉島町(かしままち)に職員を派遣することを決めた。25日午後1時から市長応接室で出発式を行う。静岡県の支援先は、福島県とともに嘉島町に決まっており、第一陣として県職員6人と下田市職員1人の計7人で編成し、20日から現地で支援ニーズを聞き取っている。今回は同町の被災者支援に当たり、応急危険度判定士や保健師を派遣する。派遣隊は簡易ベッドや毛布などを持ち込み、当面の間、現地支援本部がある同町役場の会議室に寝泊まりする。静岡県は熊本県と災害時連携協定を結んでいる。

マップ

kyujo

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る