【2月定例会】 職員、議員、市長らの給料アップを先議 全会一致で可決

熱海市議会2月定例会が2月22日、開会した。初日本会議には、一般会計予算など37案件が上程された。斉藤栄市長の施政方針演説に続いて、森本要副市長が総額が211億5000万円となる新年度・2018年度の一般会計当初予算案などの上程議案を説明した。会期は3月15日までの22日間。一般質問は3月7、8日に行う。
上程案の内、人事院勧告に沿って、一般職員、議員、市長など特別職の給料および勤勉手当、期末手当を増額する条例(議案23号)を先議し、質疑で山田治氏(熱海進政会議員団)が「当局の条例改正案は非正規、すなわち臨時職員は適用されていない。熱海市は正規職員のみ賃金をアップするのか」とただした。市当局は「人事院勧告を尊重してのもので、4月1日に施行するには先議する必要がある」と粛々と話し、採決でも「原案通り全会一致」で可決した。
熱海市には、正規職員に対し賃金が6割弱とされる臨時職員がおよそ25%おり、傍聴席の市民からは「国会でも賃金格差を圧縮する討議がされており、熱海市議会でももっと議論をして欲しかった」の声が聞かれた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)


山田治雄氏

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 「 連」結成10周年、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る