枯れたクロマツ伐採開始、11月8日まで片側交互通行/熱海・長浜海岸

熱海土木事務所は11月6日、熱海市下多賀の長浜海岸の国道135号沿いに20本植えられているクロマツの古木1本の伐採作業を始めた。
江戸時代に植林が始まったとされる「海防の松」の1本で、葉が茶色く枯れ、樹木医の診断で「マツクイムシによるもの」と判明。倒木の危険防止と景観保護から伐採に踏み切った。
作業員らは高所作業車で松の枝を払い、幹を上から順に切って行き、8日まで3日かけて伐採する。この作業に伴い、同区間は工事期間中(11月6日〜8日)、片側交互通行となる。市と県は渋滞が予想されることから、早めの行動を呼びかけている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る