枯れたクロマツ伐採開始、11月8日まで片側交互通行/熱海・長浜海岸

熱海土木事務所は11月6日、熱海市下多賀の長浜海岸の国道135号沿いに20本植えられているクロマツの古木1本の伐採作業を始めた。
江戸時代に植林が始まったとされる「海防の松」の1本で、葉が茶色く枯れ、樹木医の診断で「マツクイムシによるもの」と判明。倒木の危険防止と景観保護から伐採に踏み切った。
作業員らは高所作業車で松の枝を払い、幹を上から順に切って行き、8日まで3日かけて伐採する。この作業に伴い、同区間は工事期間中(11月6日〜8日)、片側交互通行となる。市と県は渋滞が予想されることから、早めの行動を呼びかけている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-4-9

    熱海の良質な上水道に感謝、安定供給願う 明水神社例大祭 熱海管工事工業協同組合

    熱海管工事工業協同組合は4月9日、市内西山町の「明水神社」で春季例大祭を斎行した。来宮神社…
  2. 2020-4-9

    熱海芸妓、熱海市にマスク寄贈 子どもたちに手作り200枚 コロナ感染予防

    子どもたちの新型コロナウイルスへの感染予防に役立ててほしいと、熱海芸妓置屋連合組合は4月8…
  3. 2020-4-9

    新型コロナ 熱海商議所、12日と19日に「事前予約制」で特別相談窓口 

    新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出ている熱海市内の事業所を支援するため、熱海商工会議所は…
  4. 2020-4-9

    5月18日の熱海海上花火大会も中止 今季開幕から3大会連続

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市ホテル旅館協同組合連合会は4月8日、5月9日(日)に実施…
ページ上部へ戻る