熱海梅園の梅使った新商品「梅きんつば」など販売/食品卸会社「東明」

熱海市の食品卸会社「東明」(岸幸宏社長)は梅まつりが開幕した1月5日から昨年6月に熱海梅園で収穫した梅を活用した今シーズンの商品の販売を開始した。新発売の梅きんつばのほか、梅干し、ジャム、まんじゅうの4種類。梅きんつばは1箱6個入り、梅干しは一袋150グラムでそれぞれ600円。熱海梅園の中央広場でまつり最終日3月3日まで、岸剛史営業課長ら同社スタッフが販売している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



熱海梅園の収穫梅(昨年6月)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-5-26

    小山臨海公園に魂の鼓動、響く 南あたみ和太鼓まつりに6団体

    和太鼓を通じて、地域活性活動を続ける「網代おやじの会」(聞間秀人会長)は5月26日、熱海市の…
  2. 2019-5-26

    千歳川の河川清掃、1・5トンのゴミを回収 熱海市泉の3町内会など85人

    熱海市と泉地区の3町内会(泉中沢、泉五軒町、泉本区)は5月26日、神奈川県湯河原町の境界を流…
  3. 2019-5-26

    熱海鉄道同好会が「春の鉄道展」、新天皇ご即位を記念して「お召し列車」も

    「春の鉄道展」が5月25日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始まり、鉄道ファンや子…
  4. 2019-5-25

    湯浴び、勇壮な練り 泉公園でクライマックス/湯かけまつり神輿パレード

    温泉に感謝を込めて、沿道の人々が盛大に神輿に湯を掛ける第36回「湯かけまつり神輿パレード」が…
ページ上部へ戻る