熱海梅園の梅使った新商品「梅きんつば」など販売/食品卸会社「東明」

熱海市の食品卸会社「東明」(岸幸宏社長)は梅まつりが開幕した1月5日から昨年6月に熱海梅園で収穫した梅を活用した今シーズンの商品の販売を開始した。新発売の梅きんつばのほか、梅干し、ジャム、まんじゅうの4種類。梅きんつばは1箱6個入り、梅干しは一袋150グラムでそれぞれ600円。熱海梅園の中央広場でまつり最終日3月3日まで、岸剛史営業課長ら同社スタッフが販売している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



熱海梅園の収穫梅(昨年6月)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-3-24

    伊豆多賀の春の風物詩、朝採り生ワカメ販売 今年は1カ月遅れで開催/わかめまつり

    熱海に春の訪れを告げる「わかめまつり」(実行委員会主催)が3月23日、長浜海浜公園・うみみえ…
  2. 2019-3-23

    テーマはグリーン、あす「海辺のあたみマルシェ」/熱海銀座通り商店街

    今年最初の「海辺のあたみマルシェ」(実行委員会主催)が3月24日、熱海銀座通り商店街を歩行者天国にし…
  3. 2019-3-23

    共産党の新人は小坂幸枝氏、東海岸町の女性は出馬せず/熱海市議選

    健康上の理由で今期で引退する共産党・井沢共一市議(67)に代わって、元小学校教諭の小坂幸枝氏(72)…
  4. 2019-3-22

    芸妓見番前の「枝垂れ桜」も満開 芸妓衆往き交う熱海の名所

    初川を挟んで熱海芸妓見番歌舞練場の対岸に植えられた2本の枝垂れ桜が3月22日、満開を迎え、観光客の目…
ページ上部へ戻る