大盃と長束も開花 「梅にメジロ」春の風物詩始まる/熱海梅園


「梅まつり」の開幕とともに花芽の目覚めが進み、熱海梅園の梅は開花の速度を速めている。1月8日は新たに大盃(おおさかずき)と長束(なつか)が花を開かせ、これで観賞できる梅は15種となった。
早咲き種が一部で見頃を迎えたことで、旬の蜜を求めてメジロたちも飛来してきた。紅色の大盃の花びらと黄緑色の可憐(かれん)な鳥のコントラスト。春を感じさせる。「チー、チー」と鳴いて競うように花の蜜を求める姿は熱海梅園の早春の風物詩ー。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■開花している梅(1月8日現在)
大盃、長束、鹿児島紅、新冬至梅、八重野梅、増井緋梅、紅冬至、未開紅、甲州野梅、一重野梅、玉牡丹、緋の司、十郎、冬至梅、八重寒紅

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-4-9

    熱海の良質な上水道に感謝、安定供給願う 明水神社例大祭 熱海管工事工業協同組合

    熱海管工事工業協同組合は4月9日、市内西山町の「明水神社」で春季例大祭を斎行した。来宮神社…
  2. 2020-4-9

    熱海芸妓、熱海市にマスク寄贈 子どもたちに手作り200枚 コロナ感染予防

    子どもたちの新型コロナウイルスへの感染予防に役立ててほしいと、熱海芸妓置屋連合組合は4月8…
  3. 2020-4-9

    新型コロナ 熱海商議所、12日と19日に「事前予約制」で特別相談窓口 

    新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出ている熱海市内の事業所を支援するため、熱海商工会議所は…
  4. 2020-4-9

    5月18日の熱海海上花火大会も中止 今季開幕から3大会連続

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、熱海市ホテル旅館協同組合連合会は4月8日、5月9日(日)に実施…
ページ上部へ戻る