ウィーン少年合唱団「熱海公演」 1800人が「天使の歌声」にうっとり

「天使の歌声」として広く親しまれているウィーン少年合唱団の熱海公演が、5月10日、市内桃山町の救世会館大ホールで開催された。セーラー服スタイルの制服に身を包んだ、日本の小学校5年から中学校2年に当たる26人が天使の歌声を披露、市内外から駆けつけた1800人の観客を魅了した。
この中には、熱海公演実行委員会が招待した市内全小学の6年生と全中学の2・3年生の500人も含まれている。同実行委員会は3年間の開催を計画しており、この間に現在在学している市内小中学校の児童、生徒全員に世界で活躍する同少年団のステージを体感してもらい、情操教育につなげたいとしている。
公演に先立ち、MOA美術館応接室でグレゴール・チェルスオーストリア駐日公使を招いた公式歓迎会があり、実行委員会の小掠郁乃代表、齋藤栄市長らが出席。日本とオーストラリアの友好150周年を記念したウィーン少年合唱団熱海公演を祝い、交流を深めた。
(熱海ネット新聞)
写真=公演は撮影禁止のため、資料

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  2. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  3. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  4. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
ページ上部へ戻る