ジャカランダ遊歩道 ライトアップで幻想的、竹細工のオブジェも設置

「ATAMIジャカランダ・フェスティバル2019」が6月8日に開幕し、ジャカランダ遊歩道のライトアップが始まった。竹細工のオブジェやイルミネーションが設置され、夜の熱海を彩っている。期間中の毎日(~23日、午後6時から同9時)、月明かりとともにLEDの光が青紫色のジャカランダの花をやさしく照らし、幻想的な雰囲気を演出している。
遊歩道周辺には約100本のジャカランダが植えられており、6月いっぱい昼夜ともに楽しめる。海外のリゾート地で人気の高いジャカランダは、日本では日南市をはじめ九州の一部で集積地があるものの、本州で街路樹として集積しているのは熱海市だけ。市と市内の観光経済団体が総力を挙げて新たな観光コンテンツの育成に心血を注いでいる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る