ジャカランダ遊歩道 ライトアップで幻想的、竹細工のオブジェも設置

「ATAMIジャカランダ・フェスティバル2019」が6月8日に開幕し、ジャカランダ遊歩道のライトアップが始まった。竹細工のオブジェやイルミネーションが設置され、夜の熱海を彩っている。期間中の毎日(~23日、午後6時から同9時)、月明かりとともにLEDの光が青紫色のジャカランダの花をやさしく照らし、幻想的な雰囲気を演出している。
遊歩道周辺には約100本のジャカランダが植えられており、6月いっぱい昼夜ともに楽しめる。海外のリゾート地で人気の高いジャカランダは、日本では日南市をはじめ九州の一部で集積地があるものの、本州で街路樹として集積しているのは熱海市だけ。市と市内の観光経済団体が総力を挙げて新たな観光コンテンツの育成に心血を注いでいる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-19

    アイドル梅「思いのまま」、乱雪など遅咲き梅が主役に 熱海梅園

    梅まつり開催中の熱海梅園では、思いのまま、乱雪、白獅子、東錦、緑顎(りょくがく)枝垂れ、月影枝垂れ…
  2. 2020-2-19

    川勝知事、新型コロナウイルスを警戒 24時間体制で電話相談窓口

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、川勝平太静岡知事は2月18日、急きょ会見を開き、新型コロナウイ…
  3. 2020-2-19

    【お悔やみ】三谷つるさん(熱海市青葉町)2月16日死去

    三谷つるさん(みたに・つる)2月16日死去、89歳。熱海市青葉町。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
  4. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
ページ上部へ戻る