春風受け、こいのぼり51匹 ツツジを背景にすいすい 熱海•姫の沢公園

GWの5連休初日の5月1日、熱海市の姫の沢公園 で「花まつり」が始まり、こいのぼりが彩りを添えている。公園を管理する姫の沢公園パートナーズがビジターセンター奥に約100メートルのロープを張り渡し、大きさや色のバランスを考えながら51匹を取り付けた。約6万株のツツジを背景に春風を受け、優雅になびいている。
呼び物のツツジは例年より2週間ほど早く開花し、ピークが続く。お約束通り、「ヒメノサワ」の花文字が浮かび上がり、赤や紫、白にピンクのツツジが咲くヒツジ山の斜面を、観光客らが散策して楽しんでいる。
「花まつり」はコロナ下で2年ぶりの開催となったが、人が「密」になるイベントは中止にした。お弁当など軽い飲食は販売している。5日まで。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  2. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  3. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
  4. 2021-11-30

    義援金 支援金の総額18億5000万円に 熱海土石流

    今年7月3日に発生した熱海市伊豆山の大規模土石流で、市は11月30日、同日現在で全国から寄せられた義…
ページ上部へ戻る