春風受け、こいのぼり51匹 ツツジを背景にすいすい 熱海•姫の沢公園

GWの5連休初日の5月1日、熱海市の姫の沢公園 で「花まつり」が始まり、こいのぼりが彩りを添えている。公園を管理する姫の沢公園パートナーズがビジターセンター奥に約100メートルのロープを張り渡し、大きさや色のバランスを考えながら51匹を取り付けた。約6万株のツツジを背景に春風を受け、優雅になびいている。
呼び物のツツジは例年より2週間ほど早く開花し、ピークが続く。お約束通り、「ヒメノサワ」の花文字が浮かび上がり、赤や紫、白にピンクのツツジが咲くヒツジ山の斜面を、観光客らが散策して楽しんでいる。
「花まつり」はコロナ下で2年ぶりの開催となったが、人が「密」になるイベントは中止にした。お弁当など軽い飲食は販売している。5日まで。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  2. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  3. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  4. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
ページ上部へ戻る