「青紫」の花びら、熱海彩る 「 ジャカランダフェス」6月23日まで開催中

熱海市東海岸町のジャカランダ遊歩道で初夏を彩るジャカランダの花が一番の見頃に入り、連日多くの観光客や市民でにぎわっている。
南米原産のジャカランダは世界三大花木の一つとして知られ、5月下旬から6月下旬にかけて、約3センチの釣り鐘型の青紫色の花を咲かせる。ジャカランダには「花が頭に落ちると幸運が訪れる」という言い伝えがあり、ご利益にあずかる人や、小鳥たちも…。
お宮緑地、糸川付近の国道135号線、親水公園一帯に計140本が植栽され、市街の海岸沿い一帯が青紫の花でブルーに染まり、初夏の市街を彩っている。
熱海市と市観光協会は開花時期に合わせて、6月23日まで「ATAMIジャカランダフェスティバル2019」を開催。週末にはお菓子屋フリーマーケットを出店。午後6時~同10時はライトアップも実施している。
(熱海ネット新聞)
写真=6月13日撮影














関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る