熱海出身のルーキー鈴木芽吹、3区で激走 駒大の全日本大学駅伝優勝に貢献

全日本大学駅伝が11月1日、名古屋市熱田神宮西門前~三重・伊勢市伊勢神宮内宮宇治橋前の8区間106・8キロで行われ、駒沢大が5時間11分8秒で6年ぶり13度目の優勝を果たした。23秒差で東海大が2位。3位で明大が続いた。
スタート前、当日変更が行われ、駒大・大八木弘明監督は3区(11・9㎞)にスーパールーキー鈴木芽吹(熱海市出身、1年、泉小中学校ー長野・佐久長聖)、7区に小林歩(4年、関大北陽)、アンカーに前回大会で7区・区間賞の田澤廉(2年、青森山田)を投入し、メンバーを差し替えた。9位でたすきを受けた鈴木は、区間5位(出場25大学)の34分7秒で激走して順位を1つ上げ、駒大の優勝に貢献した。
今季はコロナ禍で出雲駅伝が中止となり、今大会が「大学3大駅伝」の開幕戦。日本インカレ5000mで3位になった鈴木は正月の箱根駅伝にも出場が期待されている。この先4年間、熱海に大学駅伝ブームが続くー。
(熱海ネット新聞)
写真は「静岡朝日テレビ」より

全日本大学駅伝結果…https://daigaku-ekiden.com/file/2020result.pdf

鈴木芽吹(駒大スポーツより)


■駒沢大学の各区間走者(当日変更)
1区 加藤淳(4年、西脇工)
2区 花尾恭輔(1年、鎮西学院)
3区 石川拓慎(3年、拓大紅陵)→鈴木芽吹(1年、佐久長聖)
4区 伊東颯汰(4年、大分東明)
5区 酒井亮太(2年、西脇工)
6区 山野力(2年、宇部鴻
7区 唐澤拓海(1年、花咲徳栄)→小林歩(4年、関大北陽)
8区 佃康平(3年、市船橋)→田澤廉(2年、青森山田)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る