【文化】日本画家・坂本武典さん主宰の「第21回彩遊季展」 起雲閣

日本画家・坂本武典さん(38)が主宰するアトリエブデン熱海絵画教室の作品を集めた「第21回彩遊季(さいゆうき)」展が2日、起雲閣ギャラリーで始まった。3歳児から小中学生、美大受験を目指す高校生、さらには高齢者まで60人の、この1年間に制作した作品120点を展示。
「祇園祭」を描いた岡崎笑子さんは86歳。横浜市から月2回の教室に通っているように首都圏からの生徒も多い。

坂本さんは熱海市を中心に沼津市、東京・世田谷区などで絵画教室を主宰。長泉町では町が行う教室で講師を務め、すべて含めると生徒およそ200人に日本画、水彩画、デッサン、絵手紙などを教えている。

「彩遊季展」は18年前に始まり、ゴールデンウィークの展示会として定着している。6日まで。

(熱海ネット新聞)

 

DSCN3045

DSCN3041

DSCN3043

最年長の岡崎笑子さんの作品「祇園祭」

 

DSCN3038

坂本さんが描いた烏賊(いか)の写生

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る