【文化】日本画家・坂本武典さん主宰の「第21回彩遊季展」 起雲閣

日本画家・坂本武典さん(38)が主宰するアトリエブデン熱海絵画教室の作品を集めた「第21回彩遊季(さいゆうき)」展が2日、起雲閣ギャラリーで始まった。3歳児から小中学生、美大受験を目指す高校生、さらには高齢者まで60人の、この1年間に制作した作品120点を展示。
「祇園祭」を描いた岡崎笑子さんは86歳。横浜市から月2回の教室に通っているように首都圏からの生徒も多い。

坂本さんは熱海市を中心に沼津市、東京・世田谷区などで絵画教室を主宰。長泉町では町が行う教室で講師を務め、すべて含めると生徒およそ200人に日本画、水彩画、デッサン、絵手紙などを教えている。

「彩遊季展」は18年前に始まり、ゴールデンウィークの展示会として定着している。6日まで。

(熱海ネット新聞)

 

DSCN3045

DSCN3041

DSCN3043

最年長の岡崎笑子さんの作品「祇園祭」

 

DSCN3038

坂本さんが描いた烏賊(いか)の写生

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る