狩野川台風に匹敵、記録的な大雨&暴雨風の恐れ 台風19号12日夕に上陸

気象庁は10月11日午前11時から大型で非常に強い台風19号に(ハギビス)ついて記者会見し、「昭和33年(1958年)9月の狩野川台風に匹敵する記録的な大雨となるおそれがある」とし、厳重な警戒を呼びかけた。
狩野川台風では、静岡県や関東で記録的な豪雨をもたらし、伊豆半島を流れる「狩野川」が決壊して洪水が発生するなど、各地で川の氾濫や土砂災害が相次ぎ、合わせて1200人を超える犠牲者が出た。
台風19号は11日、1時間におよそ20キロの速さで北上を続けており、12日昼過ぎから夜のはじめごろにかけて東海地方にかなり接近、または上陸する見込み。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心の東側370キロ以内と西側280キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。
熱海市も暴風や高波に加えて記録的な大雨となるおそれがあり、市は早めの備えを呼びかけている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    ジャカランダ 中止となったフェス開幕日、ひっそりと青紫に染めあげる

    本来なら「ATAMIジャカランダフェスティバル」(6月6日〜21日、熱海市観光協会主催)の…
  2. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  3. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  4. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
ページ上部へ戻る