台風一過、伝統の鹿島踊り奉納 下多賀神社例大祭・宵宮祭

台風19号の影響で、1日順延になった下多賀神社の例大祭が10月13日夜の宵宮祭で始まった。雨宮盛克宮司が神事を執り行い、氏子や町内会の人たちが参列して五穀豊穣や家内安全などを祈った。
境内では鹿島踊りが奉納され、同神社鹿島踊保存会の白装束に身を包んだ会員たちが勇壮な踊りを披露。続いて山車、子供みこしのお祓いがあり、下多賀地区第1組と第11組の子供たちが、お囃子を奉納した。その後、各地区の山車がにぎやかに氏子町内を練り、祭りを盛り上げた。
本祭りの14日は神幸行列があり、天候が良ければ、獅子を先頭に厄年奉賛会の若衆が担ぐ神輿などがお下りし、国道135号線沿いのお旅所へ。同所で鹿島踊りを奉納した後、神社にお上りし、宮入する予定。南熱海の秋祭りが開幕ー。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  2. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  3. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  4. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
ページ上部へ戻る