台風一過、伝統の鹿島踊り奉納 下多賀神社例大祭・宵宮祭

台風19号の影響で、1日順延になった下多賀神社の例大祭が10月13日夜の宵宮祭で始まった。雨宮盛克宮司が神事を執り行い、氏子や町内会の人たちが参列して五穀豊穣や家内安全などを祈った。
境内では鹿島踊りが奉納され、同神社鹿島踊保存会の白装束に身を包んだ会員たちが勇壮な踊りを披露。続いて山車、子供みこしのお祓いがあり、下多賀地区第1組と第11組の子供たちが、お囃子を奉納した。その後、各地区の山車がにぎやかに氏子町内を練り、祭りを盛り上げた。
本祭りの14日は神幸行列があり、天候が良ければ、獅子を先頭に厄年奉賛会の若衆が担ぐ神輿などがお下りし、国道135号線沿いのお旅所へ。同所で鹿島踊りを奉納した後、神社にお上りし、宮入する予定。南熱海の秋祭りが開幕ー。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る