2月8日から「初島漁師の丼合戦」食堂街など15店舗が自慢の腕競う

熱海市・初島の春の風物詩「初島漁師の丼合戦」が2月8日〜3月8日まで開かれる。初島の漁師が営む食堂14店舗と初島ピクニックガーデンの計15店舗が地元食材を使った特製イカ丼、金目の煮付け丼、あしたば丼、海鮮ちらし丼など工夫をこらしたオリジナルどんぶりを提供する。
イベント期間限定で、熱海-初島間の往復乗船券とミールクーポン券(1500円分)をセットにした「丼合戦セット券」を大人3880円、小人2690円(定価大人4140円、小人2820円)で販売。島内のアジアンガーデンの入園券が付いたセット券は大人5090円、子供3370円(定価大人5090円、小人3370円)。
この時期の初島は、桜(あたみ桜、大島桜、河津桜、ソメイヨシノ)をはじめ、水仙、菜の花、チューリップなど春を彩る花々が咲き、極楽鳥花(ストレチア)やアロエなど南国の花も鑑賞できる。チケットは熱海港の初島航路乗船窓口(富士急マリンリゾート)で販売している。WEBでも購入できる。
(熱海ネット新聞)
■初島漁師の丼合戦
期間/2/8(土)~3/8(日)(参加食堂の営業時間11:00~15:00)
主催/初島区事業協同組合
協力/株式会社富士急マリンリゾート
後援/熱海市・熱海市観光協会・熱海温泉ホテル旅館協同組合
問合せ/初島区事業協同組合0557-86-6211 富士急マリンリゾート0557-81-0541
■初 島 静岡県唯一の有人島で首都圏から一番近い離島。面 積0.437㎡、周囲 約4㎞。熱海市本土から約11㎞。高速船イルドバカンス号で25分(大人往復2640円、小人1320円)。

各店舗の勝負どんぶり⇨https://www.hatsushima.jp/donburi/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
  2. 2020-2-18

    熱海市の2020年一般会計当初予算 前年比12億円減の186億円

    熱海市は2月17日、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は大型インフラ整備が終了したとして、…
  3. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  4. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
ページ上部へ戻る