2月8日から「初島漁師の丼合戦」食堂街など15店舗が自慢の腕競う

熱海市・初島の春の風物詩「初島漁師の丼合戦」が2月8日〜3月8日まで開かれる。初島の漁師が営む食堂14店舗と初島ピクニックガーデンの計15店舗が地元食材を使った特製イカ丼、金目の煮付け丼、あしたば丼、海鮮ちらし丼など工夫をこらしたオリジナルどんぶりを提供する。
イベント期間限定で、熱海-初島間の往復乗船券とミールクーポン券(1500円分)をセットにした「丼合戦セット券」を大人3880円、小人2690円(定価大人4140円、小人2820円)で販売。島内のアジアンガーデンの入園券が付いたセット券は大人5090円、子供3370円(定価大人5090円、小人3370円)。
この時期の初島は、桜(あたみ桜、大島桜、河津桜、ソメイヨシノ)をはじめ、水仙、菜の花、チューリップなど春を彩る花々が咲き、極楽鳥花(ストレチア)やアロエなど南国の花も鑑賞できる。チケットは熱海港の初島航路乗船窓口(富士急マリンリゾート)で販売している。WEBでも購入できる。
(熱海ネット新聞)
■初島漁師の丼合戦
期間/2/8(土)~3/8(日)(参加食堂の営業時間11:00~15:00)
主催/初島区事業協同組合
協力/株式会社富士急マリンリゾート
後援/熱海市・熱海市観光協会・熱海温泉ホテル旅館協同組合
問合せ/初島区事業協同組合0557-86-6211 富士急マリンリゾート0557-81-0541
■初 島 静岡県唯一の有人島で首都圏から一番近い離島。面 積0.437㎡、周囲 約4㎞。熱海市本土から約11㎞。高速船イルドバカンス号で25分(大人往復2640円、小人1320円)。

各店舗の勝負どんぶり⇨https://www.hatsushima.jp/donburi/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  2. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
  3. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

    熱海食品衛生協会(森田金清会長)は11月25日、熱海市下多賀の南熱海マリンホール で「食中…
  4. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
ページ上部へ戻る