新型コロナ、熱海市の宿泊キャンセル7万人 県内で浜松市に次ぐ多さ

静岡県は3月6日、新型コロナウイルスの感染拡大による県内宿泊施設の予約キャンセルが、1月~4月分で計48万9974人(2月末集計)に上ったと発表した。このうち、熱海市(市内全域)は7万60人で、浜松市の9万1504人に次いで多かった。熱海市関連の影響額は宴会のキャンセルも加わり、19億円を超えるという試算もある。
1月末時点より、約40万人増えたことから、県は融資条件の緩和など財政支援と観光需要の拡充に努める方針。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  2. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
  3. 2020-9-20

    満天の星空の下で映画鑑賞会 姫の沢公園・スポーツ広場で初開催 

    星空の下で映画を楽しむ野外上映会が9月19日夜、熱海市の姫の沢公園・スポーツ広場で開かれ、…
  4. 2020-9-20

    【お悔やみ】工藤尚志さん(熱海市網代)9月18日死去

    工藤尚志さん(くどう・なおし)9月18日死去、92歳。熱海市網代。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
ページ上部へ戻る