来宮神社の御神木「大楠」ウッドデッキで保護 ライトアップも完了

熱海市の来宮神社に、国指定天然記念物のご神木「大楠」を保護するウッドデッキと木道が完成し、多くの参拝客が訪れている。樹齢2100年以上の大楠は高さ26メートル、幹回り23・9メートル。本州最大の巨木で、幹の周りを一周すると寿命が1年延びると伝えられ、パワースポットとして人気が高い。
神社には年間70万人以上の参拝客が訪れ、その多くが周囲を歩くことで地表が踏み固められ、根まで水が浸透しにくくなる恐れが出ていた。そこで約200個の土台を置いてウッドデッキと木道を整備し、大楠を保護。合わせて石畳や未舗装の部分が混在ていた大楠の周りの通路も拡幅した。

工事は「大楠の命を後世に継承する」同神社の「TSUNAGU(つなぐ)プロジェクト」の一環で行い、6月から進めていた。雨宮盛克宮司(51)は「新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛で参拝客が少なかった時期を活用して工事を実施した。御神木から生命力の強さを感じ、元気や勇気をもらってほしい」と話した。
ライトアップの工事も完了し、夜も参拝できる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-24

    渚親水公園の大寒桜が満開 首都圏から熱海サンビーチに行楽客繰り出す

    春の日差しが続く熱海市の渚親水公園市営駐車場で、19本の大寒桜(おおかんざくら)が満開を迎…
  2. 2021-2-24

    「坂町の寺桜」が満開 熱海に春到来 2度の大火を生き抜いた幸運の桜

    熱海市のホテル貫一前(道路向かい)にある「坂町の寺桜」が満開となり、熱海に本格的な春の到来を感じさ…
  3. 2021-2-23

    21世紀枠の三島南は鳥取城北と初戦 選抜高校野球 組み合わせ決まる

    3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会(甲子園球場)の組み合わせ抽選会が2月23日、史上初め…
  4. 2021-2-23

    春うらら 梅園の梅、60種中59種が咲きそろう 来園者たちも春の装いに

    熱海市内は2月22日、高気圧に覆われた影響で晴れ間が広がり、最高気温21•1度を記録し、5…
ページ上部へ戻る