爆破予告時刻に合わせて、児童生徒が一時避難 爆発物や異常はなし

熱海市内の小中学校などを9月30日午後0時30分に爆破するという脅迫メールが28日に市に届いた問題で、警察と学校関係者らが30日も警戒に当たった。爆発物は見つからなかったが、市内の小中学校では予告時刻前後に児童生徒をグラウンドに避難させる措置(避難訓練)を取ったほか、警察官がパトロールした。爆発物や異常はなかった。

市は、愉快犯である可能性が多分にあると判断。児童生徒に過度の不安を与えないよう、休校にはしなかった。市教育委員会は今回の予告を理由に登校しなしない場合は出席しなくても良い日として扱った。悪質ないたずらともみられる
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-15

    今年も絶景パノラマ MOA美術館「水晶殿」 色鮮やかなツツジ、美を誇る

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  2. 2021-4-15

    伊豆山神社例大祭 2年連続で神事だけ 石段下り、神輿渡御は中止

    熱海市の伊豆山神社例大祭の本祭が4月15日午前、同神社で斎行された。新型コロナウイルスの感…
  3. 2021-4-14

    熱海市で今年最高の23•8度 低気圧が通過し、6月上旬並みの気温

    関東や東海は4月14日、低気圧が通過したため、気温が上昇した。気象庁のデータによると、静岡市(駿河…
  4. 2021-4-14

    静岡知事選で自民県連、岩井茂樹参院議員擁立へ 川勝氏との事実上「一騎打ち」

    任期満了に伴う静岡県知事選(6月3日告示、20日投開票)で、独自候補の擁立を目指していた自民党静岡…
ページ上部へ戻る