【観光】「ジャカランダ遊歩道」完成式、ポルトガル大使らが祝福

熱海市がサンビーチ裏のお宮緑地に平成24年から整備してきた「ジャカランダ遊歩道」の完成式典が6日、激しい雨が降り続く中、予定通り行われた。
式には斉藤栄市長、篤志家の大塚実大塚商会名誉会長、ジョゼ・デ・フレイタス・フェラース駐日ポルトガル大使、脚本家の橋田壽賀子さん、内田進商議所会頭ら50人が出席し、供用開始を祝福。悪天候のため、記念植樹は取りやめた。
ジャカランダの植栽は内田滋市長(内田会頭の父)時代の平成2年7月にカスカイス市(ポルトガル)と姉妹都市提携したのを記念して始まり、熱海梅園の「早咲きの梅」、糸川遊歩道の「あたみ桜」に続く3番目の「市の花木」として整備。都市部では国内最大級のジャカランダ遊歩道を造り上げた。
27日には「ジャカランダサミットイン熱海」を起雲閣で開催。ジャカランダを観光資源とする雲仙市(長崎)、日南市(宮崎)から関係者を招き、ジャカランダの魅力を全国に発信する。
◇ジャカランダ 世界三大花木(カエンボク、ホウオウボク、ジャカランダ)の1つ。6月に青色、薄紫色の花を咲かせる南米原産ノウゼンカズラ科の常緑樹。これまでお宮緑地や渚町の国道135号沿いに約30本が植えられていたが、新たに106本のジャカランダを植栽する。
◇大塚実氏「斉藤さんが市長になって以来、熱海市が夕張市になってはいけないとの思いから、花造りを7年かけて支援させてもらったが、私ももう92歳。これをもって目的達成とし、終止符を打たせてもらう」

遊歩道

P1210921ss

大塚会長

IMAG0369

IMAG0380

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る