標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い花を咲かせる「鈴蘭水仙(スノーフレーク)」が咲きだし、本格的な春の訪れを告げている。標高標高450mから700mにある同公園では、例年は4月初旬に見頃を迎えるが、今年は梅や桜同様に2週間以上早い。
管理棟前の大島桜(オオシマザクラ)も見頃を迎えた。この白い桜は目に鮮やかなだけでなく、花と葉に香りがあることが特徴。桜餅に使われる葉の大半がこの桜で餅桜とも呼ばれている。熱海梅園では見頃過ぎに入った梅も咲き、訪れた人たちが季節の変わり目を楽しんでいる。
(熱海ネット新聞)
写真=3月3日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
  2. 2021-4-20

    熱海は5月下旬の陽気 ツツジが見ごろの姫の沢公園にハイカー続々

    日本の都市公園100選に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、斜面に植えられた6万株のツツジの…
  3. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  4. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
ページ上部へ戻る