立ち飲みバー「Taketomi」で無料ジャズライブ 花火開始まで楽しんで

3夜連続の臨時熱海海上花火大会2日目の6月5日、熱海市街は「梅雨の晴れ間」を楽しむ若者らで賑わった。「食べ歩きマップ」を手にした観光客らが、午後8時20分の打ち上げ時間まで市内の多くの飲食店に立ち寄り、熱海の味を楽しんだ。
今年4月にオープンした熱海市咲見町の立ち飲みバー「Taketomi」(武富暁央店長)では花火見物やジャカランダフェスティバルで訪れた人たちなどに花火前も楽しんでもらおうと「1日限定の無料ジャズライブ」を開催。新型コロナウイルスの感染症予防のため、店内はソーシャルディスタンスをとって営業し、窓を吹き抜けにしてオープンテラス方式で実施した。


演奏はピアノ(相模原市の川久保典彦さん)とヴァイオリン(横浜市の西村けんたろうさん)のデュオで、ジャズのスタンダード「いつか王子様が」「マイロマンス」や映画「ひまわり」のテーマ曲などを披露した。
2人は音楽を通してオーナーの武富さおりさんと古くから交流があり、友情出演。神奈川県はまん延防止等重点措置の発令に伴う時短要請と酒類の提供見合わせでライブの中止が相次いでおり、生の演奏を楽しんでもらおうと熱海に駆けつけた。


さおりさんは「時代や四季の変化を感じ取りながら、立ち寄りたいなと思ってもらえる店であり続けたい。ジャズライブは開店日に続いて2度目ですが、好評なので今後も市のイベントに合わせ不定期的に開きたい」と話した。
この夜の熱海海上花火大会の観客は4千人(主催者発表=熱海市ホテル旅館協同組合連合会)。花火大会の経済効果は宿泊業界ばかりでなく、飲食業にも波及効果をもたらせている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  2. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  3. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
  4. 2021-10-22

    起雲閣でモロッコ•フェズ刺繍作家・中山奈穂美さん作品展 ART EXPO始まる

    東京都と熱海市の双方に住まいを持つ「二拠点生活」を続けながら、都内でモロッコ伝統の「フェズ刺繍(しし…
ページ上部へ戻る