静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海市内で街頭演説した。山下氏は告示日の第一声を熱海駅前で行っている。
「大学3年(静岡大学)の時に、東日本大震災を経験し、被災地でボランティア活度をする中で政治家になると決意した。熱海土砂流災害から110日が経ったが、国会は何も法案整備ができていない。この間、この土砂災害が2度と起きないように法案の提出を行なったのは、ここに現職のいない日本維新の会だけだ。古い政治を一掃する」と支持を訴えた。


「地盤、看板、かばんなし。あるのは志だけ。古い政治を一掃し、しがらみにとらわれ合い改革を行う決意で、初の国政に挑む」と語気を強め、年齢・性別に関係なく、全ての人に対する一定金額を保障するベイシックインカム、議員報酬の報酬、定数の3割削減など身を切る改革を政策に掲げた。
静岡6区は、現職の渡辺周氏(立憲民主党)と勝俣孝明氏(自民)の一騎打ちと見られているが、日本維新の若武者が参戦したことサバイバル戦に。山下氏の出馬がどちらに有利に働くか、情勢は混沌としている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
  2. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

    第22回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県スポー…
  3. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

    熱海市伊豆山の大規模土石流で、静岡県は12月3日、災害者生活再建支援法に基づく「長期避難世帯」として…
  4. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
ページ上部へ戻る