来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土砂災害に配慮して延期してい来宮神社例大祭の「浜降り神事」を含む神幸祭(例年は7月16日)を11月23日に斎行すると発表した。同日の新嘗(にいなめ)祭に合わせて実施する。
当日は、午前8時半から新嘗祭を斎行し、その後午前9時半に御鳳輦神輿が神社を出発。令和絆楠會による浜降りは同11時過ぎ。神輿を担ぐのは、宮出し、浜降り、宮入りの3回で他は車両で運ぶ。御旅所の小公園では例年通り、神事を執り行う。宮神輿の渡御は行わない。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
  2. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

    第22回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県スポー…
  3. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

    熱海市伊豆山の大規模土石流で、静岡県は12月3日、災害者生活再建支援法に基づく「長期避難世帯」として…
  4. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
ページ上部へ戻る