【市政】新幹線割引きっぷに代わる新切符を要望 旅館組合内田理事長

熱海温泉ホテル旅館協同組合の内田進理事長は11日、熱海市役所に斉藤栄市長を訪ね、JR東海が「新幹線熱海温泉割引きっぷ」の販売を10月末で終了することを決めたことに対し、「新しい割引切符を発売するよう働き掛けてほしい」と要望した。

◆新幹線熱海温泉割引きっぷ 昭和57年、当時の国鉄を相手に故・宇佐見鉄造氏(当時の同組合組合長)が交渉して誕生した新幹線割引切符。都内の駅と熱海駅をつなぐ30枚つづり(1枚3150円)。同組合は年間9千万円分を購入し、組合事務所や加盟旅館などで販売。通常の片道運賃より420円安い。

斎藤市長に要望書を手渡す内田理事長

斎藤市長に要望書を手渡す内田理事長


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-24

    【速報】齊藤栄市長が出馬表明 無所属で4選目指す、来年9月市長選

    熱海市の齊藤栄市長(54)は11月24日午前に開かれた11月市議会定例会の上程議案説明の最後…
  2. 2017-11-23

    【社寺】伊豆山神社宮司に原嘉孝氏(県神社庁副庁長) 新嘗祭で祝詞奏上

    伊豆山神社で11月23日、新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が斎行された。伊豆山地…
  3. 2017-11-23

    【社寺】来宮神社で御鳳輦奉仕者の引き継ぎ式 伝統の重みズシリ

    来宮神社の本殿前で11月23日、新嘗(にいなめ)祭神事に続いて、御鳳輦(ごほうれん)奉仕…
  4. 2017-11-23

    【社会】祝日前夜の熱海駅”閑古鳥” 東海道線の人身事故で一時ストップ

    11月22日午後8時31分頃、JR横須賀線の保土ヶ谷駅で人身事故が発生した。この影響で、同線は東京―…
ページ上部へ戻る