【市政】新幹線割引きっぷに代わる新切符を要望 旅館組合内田理事長

熱海温泉ホテル旅館協同組合の内田進理事長は11日、熱海市役所に斉藤栄市長を訪ね、JR東海が「新幹線熱海温泉割引きっぷ」の販売を10月末で終了することを決めたことに対し、「新しい割引切符を発売するよう働き掛けてほしい」と要望した。

◆新幹線熱海温泉割引きっぷ 昭和57年、当時の国鉄を相手に故・宇佐見鉄造氏(当時の同組合組合長)が交渉して誕生した新幹線割引切符。都内の駅と熱海駅をつなぐ30枚つづり(1枚3150円)。同組合は年間9千万円分を購入し、組合事務所や加盟旅館などで販売。通常の片道運賃より420円安い。

斎藤市長に要望書を手渡す内田理事長

斎藤市長に要望書を手渡す内田理事長


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る