【市政】新幹線割引きっぷに代わる新切符を要望 旅館組合内田理事長

熱海温泉ホテル旅館協同組合の内田進理事長は11日、熱海市役所に斉藤栄市長を訪ね、JR東海が「新幹線熱海温泉割引きっぷ」の販売を10月末で終了することを決めたことに対し、「新しい割引切符を発売するよう働き掛けてほしい」と要望した。

◆新幹線熱海温泉割引きっぷ 昭和57年、当時の国鉄を相手に故・宇佐見鉄造氏(当時の同組合組合長)が交渉して誕生した新幹線割引切符。都内の駅と熱海駅をつなぐ30枚つづり(1枚3150円)。同組合は年間9千万円分を購入し、組合事務所や加盟旅館などで販売。通常の片道運賃より420円安い。

斎藤市長に要望書を手渡す内田理事長

斎藤市長に要望書を手渡す内田理事長


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  2. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
  3. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  4. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
ページ上部へ戻る