【市政】富士山と伊豆山神社で外国人誘客が不発、地方創生交付金「不採用」 

熱海市議会観光建設公営企業委員会が20日、市役所であり、6月定例会で付託された本年度一般会計補正予算を審議し、賛成多数で可決した。地方創生加速化交付金に申請していた外国人観光客誘客促進事業が不採用になったことに伴う1251万円の減額補正措置。
市は地方創生の交付金を使って今年10月から来年2月までの5カ月間、毎週事前予約で募ったツアー参加者を市内中心部からバスで十国峠まで運び、夕暮れの富士山などを楽しんでもらった後、市内に戻り、ミールクーポンで夕食を楽しんでもらう外国人誘客促進事業を予定していた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1年)が7…
  2. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ感染防止で歴代初のデュオ

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  3. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  4. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
ページ上部へ戻る