【経済】花火観賞「にっぽん丸」熱海港入港、 379人乗客が市街へ

にっぽん
写真=深澤良さん撮影
豪華客船「にっぽん丸」(久保滋弘船長、2万2472トン)が24日、熱海笛怜会の演奏で迎えられて熱海港に入港した。歓迎セレモニーが船内のドルフィンホールで開かれ、斉藤栄市長の歓迎あいさつに続き、熱海高校エイサー部が舞弦鼓(ぶげんこ)の曲を勇壮に、熱海芸妓が「来の宮まいり」「山中しぐれ」「きりぎりす」「大漁唄い込み」「さわぎ」の華麗に舞って乗船客をもてなした。船内見学会も行われ、市や報道関係者が船員の説明を受けながら1時間にわたり、豪華な施設を見て回った。
今年で8度目の熱海港入港となった同船は、22日夕に3泊4日の日程で横浜港を出港。23日に鳥羽(三重)で伊勢志摩を観光し、24日午前8時に熱海港に入港。午後5時に出港して熱海湾沖に停泊し、熱海海上花火大会を観賞した。
◆熱海ツアー 379人の乗客のうち、100人ほどが3台のバスを利用して「三島スカイウォークと来宮神社」「冨士屋ホテルのランチと成川美術館」「熱海観光と真鶴で昼食」のオプショナルツアーに出発。熱海港⇔サンビーチ館で無料シャトルバスを順次運行。
記念品2
◆斉藤市長の話 熱海港は大きな港ではないが、その分、着岸してすぐ観光地。船上から観る熱海は魅力的で、花火とともに熱海の景観を楽しんでほしい。
◆久保船長の話 熱海の夜景は評判で、夜景を観るために訪れることもある。熱海の花火大会を海上の特等席から見ることができ、乗客の皆さんも喜んでいる。
太鼓笛怜 熱海笛怜会の歓迎太鼓演奏 写真=深澤良さん撮影
熱海高校
熱海高校エイサー部が勇壮に演舞
IMG_1467ss2 熱海芸妓の優雅な舞 ちづ穂、ほたる、いろ紙、松千代、京馬▽唄・三味線=露子さん▽かげ囃子=小いち
藤曲
藤曲敬宏県議が川野惠一郎GMに花束を贈呈
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
船IMG_1767ss (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-18

    【お悔やみ】山脇五郎さん(熱海市下多賀)12月15日死去

    山脇五郎さん(やまわき・ごろう)12月15日死去、93歳。熱海市下多賀。出棺19日午前11時、JAホ…
  2. 2018-12-17

    熱海署「110マン」、ご当地ヒーローもパレード/熱海市民安全大会

    年末の交通安全県民運動(12月15~31日)に合わせ12月17日、熱海市は渚町の渚小公園で市…
  3. 2018-12-17

    今年の有終、熱海海上花火大会! 2018年は18回で39万3千人が観賞

    今年のフィナーレを飾る「忘年熱海海上花火大会」が12月16日、熱海湾であり、1万3千人の観衆…
  4. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
ページ上部へ戻る