【肉眼心眼】シダックスの新たな試み、マリンスパあたみが「お化け屋敷」に

img_6409ss-1
秋のシルバーウィークでにぎわう熱海市のマリンスパあたみは18日夜、1日限定でお化け屋敷「絶対迷宮」を開催した。通常営業時間とは異なる午後7時から9時の夜間特別営業で実施し、市内外の小中学生や家族連れらが続々と訪れた。
好評だった昨年10月に続く開催で、屋上と1階のプール、更衣室、テラス、リラクゼーションルーム、オープンカフェなど施設全体を巡り、出口を目指した。所々にマリンスパあたみの社員やプール監視員、スイミングスクールの小学生らおよそ20人が扮した幽霊が待ち構え、背筋の凍る場面を演出。あちらこちらで叫び声が漏れ、出口から出てきた子どもたちは「怖かった」と口をそろえた。
「分かっていても、やっぱり「怖い!」 本紙も冷や汗
本紙カメラマンは取材中に「鏡を見ろ」の張り紙を発見。レンズを向けると背後に幽霊がすすっと現れ、思わず「怖い!」体験。もっとも、熱海の子供たちは心やさしく、血に染まるひん死の幽霊を見つけると、「大丈夫ですか、お医者さんを呼びましょうか」と声をかける微笑ましいシーンも。
お化け屋敷は、新しい呼び物を模索するマリンスパあたみを管理するシダックス大新東ヒューマンサービスが、7月中旬から準備してきたもので、山下篤統括支配人をはじめ、社員らが総出で手作りした。

img_6443pss
%e5%b9%bd%e9%9c%8a%ef%bc%92
%e6%81%90%e6%80%96%ef%bc%90
%e6%81%90%e6%80%961
img_6432ss%e6%81%90%e6%80%962
%e9%8f%a1%ef%bc%91
%e9%8f%a1%ef%bc%92%e3%81%97%e3%82%83%e3%81%97%e3%82%93
img_6427ss-1 img_6428ss %e5%a4%96
obake

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1年)が7…
  2. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  3. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  4. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
ページ上部へ戻る