【肉眼心眼】シダックスの新たな試み、マリンスパあたみが「お化け屋敷」に

img_6409ss-1
秋のシルバーウィークでにぎわう熱海市のマリンスパあたみは18日夜、1日限定でお化け屋敷「絶対迷宮」を開催した。通常営業時間とは異なる午後7時から9時の夜間特別営業で実施し、市内外の小中学生や家族連れらが続々と訪れた。
好評だった昨年10月に続く開催で、屋上と1階のプール、更衣室、テラス、リラクゼーションルーム、オープンカフェなど施設全体を巡り、出口を目指した。所々にマリンスパあたみの社員やプール監視員、スイミングスクールの小学生らおよそ20人が扮した幽霊が待ち構え、背筋の凍る場面を演出。あちらこちらで叫び声が漏れ、出口から出てきた子どもたちは「怖かった」と口をそろえた。
「分かっていても、やっぱり「怖い!」 本紙も冷や汗
本紙カメラマンは取材中に「鏡を見ろ」の張り紙を発見。レンズを向けると背後に幽霊がすすっと現れ、思わず「怖い!」体験。もっとも、熱海の子供たちは心やさしく、血に染まるひん死の幽霊を見つけると、「大丈夫ですか、お医者さんを呼びましょうか」と声をかける微笑ましいシーンも。
お化け屋敷は、新しい呼び物を模索するマリンスパあたみを管理するシダックス大新東ヒューマンサービスが、7月中旬から準備してきたもので、山下篤統括支配人をはじめ、社員らが総出で手作りした。

img_6443pss
%e5%b9%bd%e9%9c%8a%ef%bc%92
%e6%81%90%e6%80%96%ef%bc%90
%e6%81%90%e6%80%961
img_6432ss%e6%81%90%e6%80%962
%e9%8f%a1%ef%bc%91
%e9%8f%a1%ef%bc%92%e3%81%97%e3%82%83%e3%81%97%e3%82%93
img_6427ss-1 img_6428ss %e5%a4%96
obake

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-12-11

    国際医療福祉大熱海病院、来年3月末で分娩休止 出産可能機関は安井病院だけに

    赤尾光一市議 熱海市の国際医療福祉大熱海病院が、産婦人科の医師の継続的な確保が難しく…
  2. 2019-12-10

    熱海の新年彩る「まゆ玉」づくり 来宮神社で縁起物の準備始まる

    熱海市の来宮神社で正月の縁起物「まゆ玉」作りが最盛期を迎えている。まゆ玉は家庭や職場にまつることに…
  3. 2019-12-10

    湯川れい子さん訳詞の「ボヘミアン・ラプソディ」、氷川きよしさんが日本語カバー

    英国の伝説的ロックバンド・クイーンと独自のパイプを持ち、熱海を拠点に活躍する音楽評論家の湯川れい子…
  4. 2019-12-10

    【お悔やみ】仲森栄さん(熱海市和田町)12月8日死去

    仲森栄さん(なかもり・さかえ)12月8日死去、79歳。熱海市和田町。通夜12日午後6時。葬儀13日…
ページ上部へ戻る