【観光】日本一遅い紅葉から「冬の花火」 師走の熱海、主役交代

img_5861ss
師走の熱海温泉を彩る「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月4日夜、熱海湾で開催された。会場となった渚親水公園では紅葉とともにヒマラヤザクラが満開を迎え、打ち上げ花火との相乗効果で一日中にぎわった。
定番のスターマイン、大空中ナイアガラに加え、90秒スペシャル花火も打ち上げられ、バージョンアップした花火に忘年会で熱海を訪れている浴衣に丹前姿の宿泊者たちから歓声が上がった。
この日で秋の誘客イベント「熱海梅園もみじまつり」が閉幕し、主役は「忘年熱海海上花火大会」にスイッチ。12月は11日(日)と18日(日)にも開かれる。時間はいずれも午後8時20分~同45分。
◆天候・晴れ、観衆1万6000人

img_5888pss
toppu
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
img_5865ss
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る