【社寺】来宮神社で「まゆ玉飾り」作り最盛期、初詣参拝客用に1000本

樹齢2千年の御神木「大楠」で知られる来宮神社(雨宮盛克宮司)で新年の縁起物「まゆ玉」作りが急ピッチで進められている。萩の枝に丁寧に飾り付けられたまゆ玉は家庭や職場にまつることにより、家内安全・商売繁盛の福をもたらすとされる。新年の縁起物として古くから信仰され、正月の参拝者に人気が高い。同神社では、11月初めから4人の巫女が交代でまゆ玉作りを始め、12月25日ごろまでに1000本を用意する。
6色の紅・青・白・黄色・紫、緑は魔よけの色とされ、上新粉に色を付けて練りこんだ玉は福を象徴し、食べることもできる。価格は2000円から1万円。例年正月3が日で完売する。
まゆ玉のほか同神社では、破魔矢、絵馬、土鈴、お守りなど縁起物5万点を用意し、初詣参拝客に備える。
◆まゆ玉 10月に熱海市内で採取した萩の枝にまゆを見立てた5色の玉を取り付け、大黒、えびす、タイ、小番、招き猫、的をまつっている。かつて盛んだった養蚕に由来。大きいものだと1つ仕上げるのに2時間半以上かかる。
◆希少価値 来宮神社では例年、3000個のまゆ玉を用意するが、今年はまゆ玉に適した萩の枝が少なく1000個。リピーターが多く、即完売は必至。

img_6457ss
img_6439ss
巫女の田中美弥さん
img_6451sss
巫女の和田悠那(はるな)さん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-24

    森村誠一さん提唱の「熱海写真俳句撮詠物語」展 起雲閣で開催中

    写真俳句提唱者の森村誠一さんが名誉顧問を務める写真俳句団体「熱海写真俳句撮詠物語」(矢崎英夫代表)…
  2. 2020-10-24

    世界ポリオでー 熱海南ロータリークラブ、熱海駅で撲滅呼びかけ

    ポリオ(小児まひ)の根絶を目指す世界ポリオデーの10月24日、熱海南ロータリークラブ(岸秀…
  3. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  4. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
ページ上部へ戻る