【観光】ロマンチックな冬花火、熱海湾に4000発 忘年会シーズンたけなわ

kaba
師走の熱海の夜空を彩る「忘年熱海海上花火大会」第二弾が12月11日、熱海湾であり、1万7千人の観光客や市民でにぎわった。澄んだ冬空の下、赤や緑、オレンジ、ブルーを織り交ぜた創作花火やコンピューター制御の花火の真髄スターマイン、大空中ナイアガラなど4000発が次々に打ち上げられ、熱海全体がヒートアップ。花火が終わるや次々に忘年会シーズンたけなわの夜の街に繰り出した。次回18日(日)は今年最後の海上花火大会で、クリスマスバージョンで開催する。
◆デジタルスターマイン 時速500キロで疾走し、一瞬にして夜空の巨大絵画が浮かび上がる。100分の1秒単位で綿密に演出。
10
2 3 4 5 68 9
1

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  2. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  3. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  4. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
ページ上部へ戻る