【社会】丹那トンネル感謝祭 熱海の繁栄築いた67柱に感謝


熱海市と熱海市観光協会は4月5日、市内梅園町の丹那トンネル殉職碑前で第39回「丹那トンネル感謝祭」を開いた。同トンネルの開通で熱海市が飛躍的発展を遂げたことに感謝し、齊藤栄市長、中島幹雄協会会長をはじめ、藤曲敬宏県議、宮原智子JR東日本熱海駅長、高橋満康JR東海熱海駅長、市議、市幹部、観光、JR関係者らおよそ50人が参列した。
齊藤市長は「丹那トンネルは東の熱海側と西の函南側から工事を始め、7年で完成する計画でしたが、当時は丹那断層など現場の地質構造が十分に解明されていなかったことから大変な難工事となった。箱根芦ノ湖の3倍分もの膨大な湧水と温泉湯土が工事を阻害したため、着工以来16年という大変長い工事となった。工事従事者は延べ250万人を超え、この間に大事故も6回発生し、殉職者67名。重軽症者332名を数えた。この尊い犠牲者こそ、熱海温泉発展の人柱ともいうべき方々であり、熱海市民にとって決して忘れてはならないこと。丹那トンネルの恩恵に感謝し、冥福を祈ります」と感謝の言葉を述べた。
(熱海ネット新聞)
◆中島幹雄協会会長 今の熱海の発展は、この丹那トンネルなしには語れない。丹那トンネルの開通で首都圏と熱海が1本のレールでつながり、観光地熱海の礎になった。命がけの工事に関わった多くの先人に感謝したい。
◆丹那トンネル 昭和9年に丹那トンネルが開通するまで東海道本線は、現在の御殿場線を経由していた。同トンネルの開通で東海道本線のルートは「熱海―函南」経由となり、熱海は飛躍的に発展。完成には16年の歳月(1918年3月~34年12月)を費やした。開通時の延長は7804m。
◆大崩壊事故 1921(大正10)年4月1日、丹那トンネルの東口工事現場で起工以来最初の大崩壊事故が発生。坑口から300m(現在の熱海梅園内「香林亭」あたりの直下)の地点で長さ約70mにわたって崩壊。作業中の33名が生き埋めになり、8日後に奇跡的に救出された17名を除く16名の命が奪われた。1924(大正13)年の湧水事故や1930(昭和5)年の北伊豆地震による崩壊事故、その他の事故の犠牲者も含め、計67名が工事中に殉職。









関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  2. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  3. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  4. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
ページ上部へ戻る