【観光】「こがしまつり」まで2カ月 来宮神社で全体会議、スイッチ0N!

熱海市観光協会は5月9日夜、来宮神社参集殿で7月15、16日に開催する第49回「熱海こがし祭り・山車コンクール」に向けた全体会議を開いた。祭典関係者や各町内会役員、警察、市職員ら60人余りが出席し、来宮神社例大祭、宮神輿の運行、山車コンクールの説明を受けた。
中島幹雄協会会長は「今年は土日に開催され、例年にないにぎわいが予想される。私的にも宮神輿の当番年代。事故がなく、安全な運行に努めたい」とあいさつ。竹部隆祭典委員長(西山町内会長)は「責任当番町が回ってくるのは24年にいっぺんで、前回やられていた方がいないのが実情。まして西部地区は回るコースが違う。ぜひともご協力をお願いしたい」と述べ、雨宮盛克宮司は「お祭りは厳粛、かつ盛大に行うのが本義。神事を通じて絆を深め、ご縁が結ばれることを祈念している」と話した。大型連休を終え、熱海は「こがしまつり」モードに一変した。
来宮神社例大祭は7月14日~16日に斎行され、山車コンクールは15、16日に催される。
(熱海ネット新聞)
◆責任当番町 氏子町内を東・西・南・北の4地区に分け、毎年交代で当番町に就く。今年は西部地区。6町内が交代で責任当番町を務め、今年は西山町。各地区とも6町内が順繰りに大役を務めることから、責任当番町は24年に1回。


中島幹雄熱海市観光協会会長

竹部隆祭典委員長

雨宮盛克来宮神社宮司

渡邊淳熱海署交通課長

稲田達樹熱海市観光経済部長

山田康夫来宮神社宮神輿保存会会長

鈴木宜志・御鳳輦「跳昇伍團壱會」会長


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  2. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  3. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  4. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
ページ上部へ戻る