【スポーツ】熱海高ヨット部、昨年に続いてインターハイ出場 男子420級


三重県津市の海洋スポーツセンターで開催された高校総体東海大会(6月17、18日)で、県立熱海高校ヨット部の加藤誠也、小山内希流、杉本拓巳、、藤間千歳チーム=写真左から=が男子420級(上位4艇に出場切符)で総合3位に入り、全国高校総体(インターハイ)出場を決めた。今年のインターハイ「2017南東北総体」のセーリング競技は、8月12日から4日間、和歌山セーリングセンター(和歌山市)で開かれる。同高ヨット部のインターハイ出場は2年連続。東海大会で3位以内に入り、表彰状が贈られたのは2005年の鷲尾大吾、蔦木信吾ペア(FJ級3位)以来12年ぶり。
男子FJ級(フライング・ジュニア)に出場した田野文彬、鏡龍愛、佐藤和也、杉本凌我のチームと女子420級のワッカール都杏、鈴木久美子、関野桜のチームは、ともに5位に終わり、僅差で涙を飲んだ。しかし、東海大会(静岡、愛知、岐阜、三重)のトップ5は価値がある。
(熱海ネット新聞)


インターハイ出場を決めた男子420級(小山内希流、加藤誠也)


男子FJ級は5位(左から杉本凌我、田野文彬、佐藤和也、鏡龍愛)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

ページ上部へ戻る