【観光】縁結び花火に歓声 伊豆山温泉花火大会、熱海からもばっちり


動画はコチラ…伊豆山縁結び花火

「第67回伊豆山温泉納涼海上花火大会」(同温泉観光協会主催)が8月3日、伊豆山港であり、5000発の花火が夜空を舞った。4ステージで構成され、スターマインや色とりどりの創作花火などが30分間にわたって打ち上げられた。伊豆山港の花火は立地的に熱海湾よりコンパクトな花火が多いが、打ち上げ場所が近い分だけ迫力満点。臨場感抜群で人気が高い。
伊豆山温泉の宿泊施設では、どこの施設からも花火を見ることができ、フィナーレを飾る「金と銀の空中ナイアガラ(縁結び花火)」が打ち上げられると、それぞれのホテルの特設観客席や客室から歓声が上がった。今回は熱海駅に近い海光町のリゾートマンション屋上から撮影した。
同温泉では海上花火大会を8月22日の「さざえ祭り」でも開催する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-2

    熱海市田原本町「平和通り」 路線価格8・5%上昇 伸び率県内最高

    国税庁は7月1日、相続税や贈与税の算定基準となる2020年分の路線価(1月1日時点)を発表した。静…
  2. 2020-7-2

    長野旅行いまならお得、静岡県民(熱海市民)も割引OK 宿泊最大5000円

    長野県は、新型コロナウイルス感染症の影響で低迷した県内の宿泊・観光事業者を支えるため、県が県民対象…
  3. 2020-7-1

    JR東海道線「東京-熱海間」乗務 グリーン車女性販売員、コロナ感染

    JR東海道線の東京-熱海間に乗務していた20代の女性販売員が、新型コロナウイルスに感染していたこと…
  4. 2020-7-1

    市職員に夏のボーナス 一般職平均75万2千円、総額3億8649万円

    熱海市の職員に6月30日、夏のボーナスが支給された。市の職員の期末・勤勉手当は6月と12月に支給さ…
ページ上部へ戻る