【市政】熱海市、児童発達支援センター開設へ 上多賀幼稚園の施設を活用

 熱海市は初となる児童福祉法に基づく施設「児童発達支援センター」を開設する。2018年3月末で廃園となる上多賀幼稚園の施設を活用し、19年4月の開園を予定している。市はこれまで休園中の市立網代幼稚園で療育教室「IPPO(いっぽ)あじろ園」を設け、独自に2歳以上の就学前の障害児を対象に、生活習慣を教えたりする療育や保護者からの相談に対応してきた。発達支援事業所の機能を強化するもので、来年度に施設改修し、運営は指定管理で行う。現在10人の定員を拡大し、臨床心理士などの有資格者を雇用するなどして保護者の相談を強化する。
12日に開かれた市議会総務福祉委員会で、市当局が明らかにした。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-26

    熱海梅園で「梅」開花 今季も日本最速 一番咲きは白の冬至梅

    日本一早咲きの梅の名所で知られる熱海梅園で10月25日、今シーズン最初の花を咲かせた。韓国庭園横の冬…
  2. 2021-10-26

    【お悔やみ】小山久子さん(熱海市下多賀)10月25日死去

    山久子さん(こやま・ひさこ)10月25日死去、91歳。熱海市下多賀1431の13。通夜27日午後6時…
  3. 2021-10-26

    【お悔やみ】星川洋章さん(熱海市小嵐町)10月22日死去

    星川洋章さん(ほしかわ・ひろあき)10月12日死去、84歳。熱海市小嵐町13の33。告別式26日午後…
  4. 2021-10-25

    公明党の石井啓一幹事長、自民党と合同で熱海駅で街頭演説

    公明党の石井啓一幹事長は10月25日、同党の衆院選比例東海ブロックと静岡6区に立候補した自民党の前職…
ページ上部へ戻る