【社寺】篤志家の神部俊男さんを追悼 湯前神社例大祭で黙とう






湯前神社秋季例大祭の宵宮祭が9月30日、同神社で斎行され、神事の前に今年6月17日に亡くなった篤志家の神部俊夫さん(東京都世田谷区)に黙とうをささげた。同神社は明治31年(1898年)2月に発生した火災で社殿が類焼。氏子一同が再建に奔走したが、資金不足で建設できず、苦慮していた。その頃、足袋で財を成し、湯治で熱海に逗留していた神部千三氏が率先して当時の大枚千円を寄進し、明治44年(1911年)に社殿が再建された。その後も寄進は続けられ、3代目当主の神部俊男氏も同神社への崇敬の念が熱く、毎年多額の寄進を続けてきたという。
この功績を讃えるため、境内左側に顕彰碑が建立されている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の新技術開発財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始ま…
  2. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  3. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
  4. 2020-11-21

    前日発表の熱海市の陽性患者と一緒に勤務と食事、伊東市でコロナ感染者

    静岡県は11月21日、伊東市の高齢でない成人(県1118例目)が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る