【市政】植栽替えの花、市民に無料配布 市役所前の公共花壇「花ひろば」




熱海市は11月16日、市役所前「花ひろば」の正月へ向けた花の植え替えを行い、6月から植栽されていたブルーサルビアやアンゲロニア、ベゴニアなどを市民に無料で配布した。年間を通して公共花壇の植栽や除草ボランティアを続けている「熱海花の会」(大竹順子会長)の役員10人が実施した。11月30日にオタフクナンテン、ノースボール、ビオラ、キンギョソウなどを植栽する。
この日の市民配布はエフエム熱海湯河原を通じて市民に呼び掛け、多くの人たちが駆け付けた。放送には多賀中学校の小山妃音さん(2年)、中村月君(1年)、吉坂菜花さん(1年)が職業体験学習でアシスタントを務め、まちづくりに一役買った。
(熱海ネット新聞)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-18

    今宮元祷會が本格始動 10月の今宮神社例大祭に向け御神幸ルートを下見

    今宮神社の例大祭(10月19日、20日)が2カ月後に近づき、令和元年度の御鳳輦奉仕を行う厄年奉賛会…
  2. 2019-8-18

    浴衣姿で熱海の魅力発信 初島航路の定期船でファッションショー

    熱海市街を着物姿で散策し、熱海の魅力アップに務める「あたみ着物姿普及委員会」(永田雅之代表)は8月…
  3. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  4. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
ページ上部へ戻る