熱海土石流で百条委設置 稲村委員長年「年度内に原因の結論目指す」

熱海市伊豆山で発生した土石流被害をめぐり、11月5日、市議会の臨時会が開かれ、土石流の原因を究明するため、法律に基づく強い調査権を持つ「百条委員会」の設置を全会一致で決めた。全15議員で構成し、休憩中に第1回委員会を開き、委員長に稲村千尋議員、副委員長に田中秀宝議員を選出した。
百条委員会では、盛り土を造成した不動産会社の関係者や今の土地所有者、それに市や県の当時の担当者などに直接、証言を求めたり、関係する資料の開示を要請したりして、盛り土の造成のいきさつを調査。土石流の原因を究明する。

稲村千尋市議

稲村委員長は「これまでの市の説明は不十分だ。市や県がどのように法令無視の盛り土を造成した会社や今の土地所有者に対応してきたのか。関係者に聞き取って、年度内にある程度、(原因の結論)をはっきりさせていきたい」と述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る