【文化】サンビーチ砂浜に巨大「犬の絵」出現/熱海ビーチクラブ1月定例会


「熱海ビーチクラブ」は1月14日、今年最初の定例会を開き、熱海サンビーチの砂浜に巨大な「犬のビーチ絵」を描いた。いぬ年に合わせ、南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」を模したもので、光村智弘代表ら会員4人が足で砂を掘るなどして1時間かけて完成させた。同クラブは2012年9月から毎月第2日曜日に定例会を開催。毎回、趣向を凝らし、会員や子供たちに海の楽しみ方を伝える活動をしている。今月はビーチアート作成とともに早朝ヨガを開催した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    熱海市街が激しい渋滞 Uターンラッシュがピーク バブル期以上の混雑

    お盆休みを熱海をはじめ、伊豆半島の東海岸の行楽地や帰省先から戻る車で熱海市内の道路の上りが8月15日…
  2. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
  3. 2018-8-14

    お盆休みピークに突入 熱海サンビーチ賑わう、今夏最高の人出

    お盆休みが始まった8月13日、熱海サンビーチは首都圏などから訪れた行楽客や帰省客でにぎわ…
  4. 2018-8-14

    U ターンラッシュ始まる、上り線渋滞 熱海市内の道路混雑

    お盆入りの8月13日、熱海市内の幹線道路はお盆休みを利用して熱海市を訪れる人や一足先に夏休み休暇を楽…
ページ上部へ戻る