【市政】起雲閣で「金色夜叉」、別れの場面を再現/尾崎紅葉祭



熱海市の文化施設「起雲閣」で1月17日、「尾崎紅葉祭」(熱海市主催)のハイライトとなる熱海芸妓による寸劇が行われた。小説「金色夜叉」でおなじみの「熱海の海岸…散歩して…」の小唄が流れる中、貫一が失恋の怒りからお 宮を下駄で蹴り飛ばし、お宮が「涙で今月今夜の月を曇らせる」とほおを濡らす「熱海海岸の場面」を再現した。
およそ170人の観衆が見守る中、昨年に続いて貫一役を京馬さん、お宮役を静(しずか)さんが演じた。 熱海芸妓による貫一・お宮の寸劇は昭和30年代から演じられるようになり、尾崎紅葉祭の名を全国に高めるとともに毎年市民や観光 客を楽しませてきた。同祭は小説で泣き別れの場面として登場する1月17日に開かれる。
式典では斉藤栄市長、川口健市議会議長、中島幹雄熱海市観光協会会長、内田進熱海商議所会頭に続いて、遺族を代表して孫の尾崎伊策さんが 挨拶。ひ孫の小野立子さんが(紅葉の次女)から受け継いだ俳句の軸装や小説の資料など27点を市に寄贈した。関係者が献花し、文豪をしのんだ。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
◼️掲載から121年 金色夜叉は明治30年1月1日から同35年5月11日まで読売新聞に連載され、熱海の名を全国に知らしめた。
◼️今年で76回目 尾崎紅葉祭は昭和14年1月17日が第1回(熱海文芸懇談会主催)。翌年から熱海市主催に代わり、今年が76回目(戦 時中の昭和17~20年は中止)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

10月
13
2018
全日 ATAMI ART EXPO 2018
ATAMI ART EXPO 2018
10月 13 – 11月 13 全日
10/13(土)~11/30(金)の間、熱海芸術祭「ATAMI ART EXPO 2018」が開催される。 ■起雲閣(熱海市昭和町4-2※入館料大人510円・中高生300円)10/26~28 9:00~17:00 ■彫金ギャラリー(熱海市渚町25-2渚小公園前)10/26~28 10:30~16:30 ■Nagisa-Ura(熱海市渚町19-6 Chause)10/26・27 13:00~17:00 ■茶碗屋こみく(熱海市渚町18-3)10/26~28 10:00~17:00 ■ぎゃるり鸞布(熱海市渚町15-16)10/26~28 10:00~16:00 ■EOMO store(熱海市銀座町6-6)10/26~11/4 14:00~19:00 ■ホテルミクラス(熱海市東海岸町3-19)10/13~11/11 ■熱海シーサイドスパ&リゾート(熱海市東海岸町6-53)10/26~11/30 ■Gallery SOOKO(熱海市林ガ丘町14-7)10/21~28 10:00~16:00 ‥http://atami-art-expo.jp/access/
10月
20
2018
全日 和田木神社例大祭 @ 和田木神社
和田木神社例大祭 @ 和田木神社
10月 20 – 10月 21 全日
10月20日午後2時〜宵宮祭 10月21日午前10時か〜例祭、獅子神楽奉納、御神幸行列
全日 小山神明宮例大祭 @ 小山神社
小山神明宮例大祭 @ 小山神社
10月 20 – 10月 21 全日
10月21日正午〜例祭神事

ピックアップ記事

  1. 2018-10-16

    横綱元輪島の追悼ゴング 12月2日に熱海で「まち元気プロレス」開催

    プロレス界のレジェンド、谷津嘉章さんらがプロデュースする「まち元気プロレス」の「熱海市格闘技祭」(実…
  2. 2018-10-16

    鹿島踊り50年勤続表彰 下多賀神社の山本進、牧野克昭、加藤光芳の3氏

    熱海市教育委員会は10月14日、下多賀神社例大祭に合わせ、市指定無形民俗文化財「下多賀神社鹿島踊」の…
  3. 2018-10-16

    アートフェスティバルを前に、手作業で雑草取り/梅園ボランティア

    10月19日(金)~21日(日)に開かれる「第6回熱海梅園アート・クラフトフェスティバル」(…
  4. 2018-10-16

    【お悔やみ】大川すゑ子さん(熱海市下多賀)10月14日死去

    大川すゑ子さん(おおかわ・すえこ)10月14日死去、82歳。熱海市下多賀。通夜16日午後6時。告別式…
ページ上部へ戻る