【市政】起雲閣で「金色夜叉」、別れの場面を再現/尾崎紅葉祭



熱海市の文化施設「起雲閣」で1月17日、「尾崎紅葉祭」(熱海市主催)のハイライトとなる熱海芸妓による寸劇が行われた。小説「金色夜叉」でおなじみの「熱海の海岸…散歩して…」の小唄が流れる中、貫一が失恋の怒りからお 宮を下駄で蹴り飛ばし、お宮が「涙で今月今夜の月を曇らせる」とほおを濡らす「熱海海岸の場面」を再現した。
およそ170人の観衆が見守る中、昨年に続いて貫一役を京馬さん、お宮役を静(しずか)さんが演じた。 熱海芸妓による貫一・お宮の寸劇は昭和30年代から演じられるようになり、尾崎紅葉祭の名を全国に高めるとともに毎年市民や観光 客を楽しませてきた。同祭は小説で泣き別れの場面として登場する1月17日に開かれる。
式典では斉藤栄市長、川口健市議会議長、中島幹雄熱海市観光協会会長、内田進熱海商議所会頭に続いて、遺族を代表して孫の尾崎伊策さんが 挨拶。ひ孫の小野立子さんが(紅葉の次女)から受け継いだ俳句の軸装や小説の資料など27点を市に寄贈した。関係者が献花し、文豪をしのんだ。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
◼️掲載から121年 金色夜叉は明治30年1月1日から同35年5月11日まで読売新聞に連載され、熱海の名を全国に知らしめた。
◼️今年で76回目 尾崎紅葉祭は昭和14年1月17日が第1回(熱海文芸懇談会主催)。翌年から熱海市主催に代わり、今年が76回目(戦 時中の昭和17~20年は中止)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  2. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  3. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
  4. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
ページ上部へ戻る