【市政】起雲閣で「金色夜叉」、別れの場面を再現/尾崎紅葉祭



熱海市の文化施設「起雲閣」で1月17日、「尾崎紅葉祭」(熱海市主催)のハイライトとなる熱海芸妓による寸劇が行われた。小説「金色夜叉」でおなじみの「熱海の海岸…散歩して…」の小唄が流れる中、貫一が失恋の怒りからお 宮を下駄で蹴り飛ばし、お宮が「涙で今月今夜の月を曇らせる」とほおを濡らす「熱海海岸の場面」を再現した。
およそ170人の観衆が見守る中、昨年に続いて貫一役を京馬さん、お宮役を静(しずか)さんが演じた。 熱海芸妓による貫一・お宮の寸劇は昭和30年代から演じられるようになり、尾崎紅葉祭の名を全国に高めるとともに毎年市民や観光 客を楽しませてきた。同祭は小説で泣き別れの場面として登場する1月17日に開かれる。
式典では斉藤栄市長、川口健市議会議長、中島幹雄熱海市観光協会会長、内田進熱海商議所会頭に続いて、遺族を代表して孫の尾崎伊策さんが 挨拶。ひ孫の小野立子さんが(紅葉の次女)から受け継いだ俳句の軸装や小説の資料など27点を市に寄贈した。関係者が献花し、文豪をしのんだ。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
◼️掲載から121年 金色夜叉は明治30年1月1日から同35年5月11日まで読売新聞に連載され、熱海の名を全国に知らしめた。
◼️今年で76回目 尾崎紅葉祭は昭和14年1月17日が第1回(熱海文芸懇談会主催)。翌年から熱海市主催に代わり、今年が76回目(戦 時中の昭和17~20年は中止)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    熱海市街が激しい渋滞 Uターンラッシュがピーク バブル期以上の混雑

    お盆休みを熱海をはじめ、伊豆半島の東海岸の行楽地や帰省先から戻る車で熱海市内の道路の上りが8月15日…
  2. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
  3. 2018-8-14

    お盆休みピークに突入 熱海サンビーチ賑わう、今夏最高の人出

    お盆休みが始まった8月13日、熱海サンビーチは首都圏などから訪れた行楽客や帰省客でにぎわ…
  4. 2018-8-14

    U ターンラッシュ始まる、上り線渋滞 熱海市内の道路混雑

    お盆入りの8月13日、熱海市内の幹線道路はお盆休みを利用して熱海市を訪れる人や一足先に夏休み休暇を楽…
ページ上部へ戻る