【経済】梅園の梅と糸川の桜、人も車も今年一番の混雑/熱海梅園

三連休の中日となった2月11日、熱海市内は梅と桜の共演で今年一番の賑わいを見せた。熱海梅園へ向かう県道熱海函南線は午前、午後とも市街地の中央町付近まで車の列ができ、渋滞が続いた。梅園周辺の駐車場は、民間も含めて満車となり、首都圏ナンバーの乗用車が車列を作った。
園内の梅は、全体の開花度は2分咲きだが、早咲き種は見頃を迎えている。この日、糸川さくらまつりが最終日となった糸川遊歩道のあたみ桜はいままさに満開。この時期に梅と桜が一緒に楽しめるのは常春熱海だけとあって、市内の飲食店も今年一番の混雑で賑わった。
(熱海ネット新聞・松本洋二)




熱海梅園



糸川遊歩道

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-6

    ジャカランダ 中止となったフェス開幕日、ひっそりと青紫に染めあげる

    本来なら「ATAMIジャカランダフェスティバル」(6月6日〜21日、熱海市観光協会主催)の…
  2. 2020-6-6

    コロナ禍で前例のない来宮神社例大祭、祭典委員会が粛々と事務所開き

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日〜16日)を前に2020年度の祭典委員会(福井敏幸委員長…
  3. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  4. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
ページ上部へ戻る