【社寺】大楠連が昭和初期の神輿を修復披露 熱海の伝統工芸・楠細工の匠の技で蘇る

 

 

大楠連神輿(みこし)修復完成披露宴が2日、来宮神社であり、小雨が降る中、新たな命が吹き込まれた神輿が境内を練った。

今回の修復は同連が立ち上げた「神輿復興プロジェクト」によるもので、町会から譲り受けたものの会員の家に保管されたままになっていた昭和初期に造られた神輿を修復した。錆びた金具類の交換や磨き上げは会員たちが自ら行い、神輿の木の部分は、熱海の伝統工芸・楠大工の鳥澤親方が無償で行った。屋根には雨宮盛克宮司の厚意で来宮神社の鳳凰が納められている。

同連は来宮神社の例大祭「こがし祭り」に行う御鳳輦に参加した来宮祥神會(きのみやしょうじんかい)メンバーの有志で構成されている。

(熱海ネット新聞)

 

神輿完成集合写真

神輿完成

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-14

    大腸がん克服、鉄人スイマー北嶋鐵修さんに特別体育功労章 熱海市体育協会

    熱海市体育協会(杉山誠一会長)は、2020年の体育章の受賞者を発表した。市の体育協会加盟団体の中か…
  2. 2020-7-14

    熱海市が花火大会と海水浴場開設の「事前PR動画」 16日からHPにリンク

    昨年8月11日、熱海サンビーチ 新型コロナウイルスの感染防止のために首都圏などで夏のイベント…
  3. 2020-7-14

    熱海の90代の女性、マダニ感染症 静岡県今年3例目 いずれも熱海市で

    静岡県は7月13日、熱海市の90代の女性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと発…
  4. 2020-7-14

    【お悔やみ】岡安キミ枝さん(熱海市下多賀)7月12日死去

    岡安キミ枝さん(おかやす・きみえ)7月12日死去、82歳。熱海市下多賀。通夜14日午後6時。葬儀1…
ページ上部へ戻る