【社寺】大楠連が昭和初期の神輿を修復披露 熱海の伝統工芸・楠細工の匠の技で蘇る

 

 

大楠連神輿(みこし)修復完成披露宴が2日、来宮神社であり、小雨が降る中、新たな命が吹き込まれた神輿が境内を練った。

今回の修復は同連が立ち上げた「神輿復興プロジェクト」によるもので、町会から譲り受けたものの会員の家に保管されたままになっていた昭和初期に造られた神輿を修復した。錆びた金具類の交換や磨き上げは会員たちが自ら行い、神輿の木の部分は、熱海の伝統工芸・楠大工の鳥澤親方が無償で行った。屋根には雨宮盛克宮司の厚意で来宮神社の鳳凰が納められている。

同連は来宮神社の例大祭「こがし祭り」に行う御鳳輦に参加した来宮祥神會(きのみやしょうじんかい)メンバーの有志で構成されている。

(熱海ネット新聞)

 

神輿完成集合写真

神輿完成

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る