【編集室】熱海のレトロな風景25点 「熱海百景絵はがき」お土産に人気










日本一の温泉観光地を目指す熱海の風景を描いた「熱海百景絵はがき」原画展が8月1日から9月29日まで起雲閣で開催された。市内西熱海町に住む挿絵作家・酒井理恵子さん(41)の作品25点が展示され、訪れた人たちは水彩で描いたレトロな風景に見入っていた。
2010年に熱海ガイドクラブの依頼で海光町の石畳を描いた「石坂浪漫コース」が最初の作品。以来、コツコツと熱海のレトロな風景をロケハンしながら、制作を続け、「お宮の松と尾崎紅葉祭」「旧日向別邸」「双柿舎」「起雲閣」「来宮神社・大楠」「旧日向家熱海別邸」「網代地区・ひもの銀座」「伊豆山神社」などを次々に制作。14年に澤田政廣記念美術館で初めて展示会を開催した。今回が2回目の展示会で、前回から「ジャカランダの遊歩道」など8点が増えた。
「自分が表現したいことと、熱海のレトロな雰囲気がぴったりくるまで対象を見詰めながら、自分の感じた熱海を描いている。知れば知るほど、熱海っていいなあと感じてしまう」と酒井さん。3カ月に1枚がやっとの力作ばかりだが、まだまだ構想は尽きない。
■「熱海温泉熱海誌」とともに土産に人気
実はこの絵はがき、熱海のお土産として隠れた人気を呼んでいる。起雲閣など市内7カ所の店舗などで販売しているが、土産用に買い求める人が多いという。今年は市制80周年を記念して市が制作した「熱海温泉熱海誌」(定価3000円)もお土産として大好評。これまでは熱海のお土産というと、温泉まんじゅうや干物が定番だったが、若い観光客の増加とともに新たなヒット商品が仲間入りした。
(熱海ネット新聞・松本洋二)




熱海温泉雑

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  2. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
  3. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  4. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
ページ上部へ戻る