サップヨガの魅力伝えたい 田中律子さんと齊藤栄市長がトークショー

日本サップヨガ協会理事長でタレントの田中律子さんと齊藤栄市長のトークショーが4月29日、熱海サンビーチであり、熱海の海の魅力やサップヨガに込めた思いを披露した。29、30日に開催されている「ATAMIサップ&ヨガフェスタ2018」(実行委員会主催)の中で開かれた。
■沖縄から飛び出して熱海で開催
沖縄県恩納村に住む田中さんは、沖縄と東京を行き来する生活。「きょうは朝から熱海サンビーチで無料のビーチヨガやサップヨガ体験、ちゅらうみサップランをやらさせていただいている。ちゅらうみサップランは、3年前から恩納村の家の目の前で開催しているのですが、今回は沖縄を飛び出して熱海でやろうじゃないかと。湘南の海と違い、離岸堤のあるサンビーチは波が穏やかで、初めてサップをする人にぴったり。サップヨガもやりやすい環境にある」。田中さんがこう話すと市長は「サンビーチをイベントに使っていただくことは大変ありがたい。スポーツでどんどん活用していただきたい」。「ところで女優さんがなんでサップヨガを始めたのですか?」
■市長もストレスがたまったらお勧めです
「女性は30歳を過ぎると体のラインとかに問題が出てくる。その時に出会ったのがヨガでした。とくに水の上で行うサップヨガは体のバランスが良くなる。市長もストレスがたまったら、空を見上げてみてください。胸や肩が開き、深い呼吸ができるようになる。きょうはちょっと疲れたなと思ったら、ぜひ。ネガティブじゃなく、ポジティブなパワーが出てきますよ。太陽からも海からも」
■観光資源としての通年利用が着々
市長はさらに「ちょうど真東にムーンテラスがあり、真正面から満月が上がってくる。月の道、英語でムーンリバーというんですが、本当に素晴らしい。パワーがもらえます。5月1日は満月ですのでお勧めです」。「サンビーチの東京よりにある横磯ではアワビがとれる。それくらい水もきれい。これ、すごくないですか。みなさん、熱海にいらしてください」と田中さん。熱海市が取り組む観光資源としての熱海サンビーチの通年利用は着々と進行している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■サップヨガ スタンドアップ・パドル・ボード(SUP)を使ったヨガ。ハワイが発祥で日本に入ってきたのが、10年前。サーフィンとヨガが合体して海の上で楽しめ、心身ともにリフレッシュできる。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  2. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
  3. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  4. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
ページ上部へ戻る